窓をシャークでキレイに

黄砂で汚れた窓をシャークでキレイにするのが日課

 

私の住んでいる地域は黄砂がすごいんです。
そのせいで窓は土ぼこりなどの汚れであっという間に汚くなってしまいます。
水拭きだと落ちないし、洗剤で雑巾がけをすると洗剤の跡が窓に残ってしまうので納得いく仕上がりにはなりませんでした。
そのため雑巾からシャークに変えて、スチームで窓を掃除するようになったのです。
あまり変わらないかと期待はしていませんでしたが、スチームがあっという間に土ぼこりを浮かせてキレイにしてくれます。
なので窓がまたたく間にピカピカに。
こんなに視界の良い窓になったのは何年ぶりでしょう。
シャークは本当に家のいろんなところに使用できますね。
ソファの掃除もできると知った時は感動しました。

 

 

シャークのアタッチメントは少ない方が良いかも

 

シャークのアタッチメント、最初は便利そうだなと思ったのですが種類が多すぎて収納が大変なことに買ってから気が付きました。
時間がたっぷりある時はいろいろ使い分けして楽しんでいますが、普段は数種類のアタッチメントしか使っていません。
なのでこんなにたくさん付属品は付いていない方が良かったかもしれません。
その分お安く買えた方が私的には嬉しいです。
でも年末の大掃除の時はこの数あるアタッチメントが大活躍しましたよ。
時間を掛けて掃除できる貴重な日だったので、シャークを使って一日じっくりと掃除をしました。
換気扇に窓や窓のさっし、調理器具にレンジやオーブンなど汚かったところをツルツルピカピカにできましたよ。